独立する(起業する)

クリエイターとして独立起業を目指す

クリエーターが独立して起業するには、技術力はもちろんのこと、経営マネイジメント力、営業力、会社設立資金など、独立開業に伴う余裕のある経営計画が必要になります。
特に運転資金面においては余裕資金があるのとないのとでは、その後の会社経営の発展に影響してきます。

 

自分が独立開業を目指すクリエイト業界分野の設備や経営ノウハウ、人脈、情報収集、優れた発想力といったことも必要で、独立開業においての準備ができているか、いないかで経営売り上げ、事業の存続にかなり影響が出てきます。

 

行き当たりばったり事業を興せば、何とかスムーズにことが運ぶだろうと考え、のん気に構えるのは危険です。
また、事業存続に成功している人は、独立開業に十分な準備資金を用意しています。

 

スキル、人脈、情報収集力など、その人の個性的なことだけでなく、経営マネイジメントも視野に入れ、併せ持っている必要があります。
また、独立起業するときは個人事業主として会社を興すのか、複数人で株式会社や有限会社を興すのかによっても経営資金額が違ってくるので、会社設立準備は計画的に行う必要があります。

 

会社を設立した後の手続きなども行います。
区役所などへの届出、従業員の社会保険、年金手続きなどは、特に大事なので、はじめに確実に手続きを行ないましょう。

 

また、国や役所への助成金や補助金申請も忘れず行ないましょう。区役所のHPで、申請期間などのチェックも忘れず行いはしょう。
申請期間が過ぎると、受給できなくなるので、注意する必要があります。

 

独立開業する年に申請することも大事です。
もし、助成金・補助金の申請を忘れ、その年を超えてしまい、次の年に申請しても補助金が支払われないか、かなり減額されます。