40代転職成功例

40代での転職の体験談

40代での転職は、クリエイト業界も含めて一般的に、転職するタイミングが、大幅にズレ、転職成功率が低い年代です。
また、年収額が大幅にダウンするのもこの年代の転職の大きな特長です。

 

その中で、yさん(40代半ば)は技術関連メーカーから、機械メーカーへの転職に成功されました。
年収額は下がったそうですが、職場環境が良く満足がいく転職ができて良かったとおっしゃられています。

 

また、Kさん(40後半・男性)は、転職サイトの書類選考で何度も不採用という通知ばかりで、気持ちが落ち込むことが多く、ダメかな?と思っていたときに、ようやく希望する案件の転職先に落ち着いたそうです。

 

その間、30件の就職先案件の紹介があったそうです。
3社の転職サイトから紹介があり、IT業界の転職先が決まるまで、約3ヶ月もかかったそうです。

 

Wさん(40代後半・女性)は、会社が早期退職者を募っていて、親の介護をきっかけに早期退職者に応募したそうです。
転職先はグローバルビジネスに対応できるように広い範囲に設定して、7社のキャリアコンサルティング会社に登録、うち紹介を受けた会社は20社、転職先はアパレル会社の経営企画マネージャーに落ち着き、今現在は就業中だそうです。

 

転職にかかった期間は約10ヶ月間だそうです。
現在、ある鉄鋼会社の経理部長を勤めるoさん(45才半ば・男性)は大企業でこつこつキャリアを積んでこられましたが、より大きくステップアップするために中・小企業への転職を希望、8社のキャリアコンサルティング会社に登録、紹介があった8社の会社のうちの1社に転職先が決まったそうです。
転職先が決まるのに約3ヶ月かかったそうです。