50代転職成功例

50代での転職の実態

50代になると、転職口はほとんど見つからない年代なので、今、勤めている会社にしがみついてでも、勤め続ける方がいいです。
もし、転職先が見つかったとしても年収額がかなりダウンするので、ある程度の覚悟が必要です。

 

就職活動はかなり苦戦が予想され、面接すら受け付けてくれない企業がほとんどです。
50才代で就・転職に成功するには前職での経験がキーポイントです。

 

異業種への転職は難しいです。
これまでの経験を活かし、就・転職に成功した例として、前の会社のライバル会社へ就職できたという例があります。

 

会社の業績が悪化し早期退職者を募っていた前会社の募集に応募、退職を決意されました。
退職してからも就職活動が難航しましたが、失業手当でしばらくは乗り切れました。

 

就職先がなかなか決まらず、焦っていたところ、ライバル関係にあった会社の経験者求むの募集に応募したところ、すぐに採用が決まり、職場環境にも満足でき、充実した毎日を送ることができているそうです。

 

また、ある人はこれまで築きあげてきた人脈により転職に成功されました。
前に務めていた取引先会社の役員として再就職できたそうです。

 

新規出店店舗の大量の募集に応募するというのも一つの方法です。
これに応募して、再就職が決まったという人がいます。

 

また、この年代の人は高級管理職についていた人が多く、エグゼクティブの人専用転職サイトを利用するという方法があります。
50代前半の男性Rさんは課長クラスの管理職として、ある医療設備会社で働いていましたが、会社の業績が悪化し、退職せざるをえなくなり、エグゼクティブ向けの転職サイトのスカウト機能により、転職に成功されました。