編集・DTP

編集・DTPの仕事内容や収入

編集は知っているけれど、DTPについて知らない人は多いものです。
DTPはDesk Top Publishingといい、印刷物をコンピューターを利用して作り出すことをさしています。
●仕事内容
企画から行い、編集作業をコンピュータで行い、データを印刷所に渡し印刷してもらうまでが編集・DTPの主な仕事となります。
コンピュータを使うことになるので編集だけでなく、コンピュータの扱いにも慣れておかなければなりません。
従来の作業であればDTPはそれぞれ専門的な人が行うように分担されていましたが、機器が発達したことでコンピュータですべてを行うことができるようになったのです。
ほとんどの出版社がコンピュータを活用しています。
●平均収入
編集・DTPの平均収入は300万〜400万円ほどです。
会社の中ではDTPに対しての優遇が良いところもあり、500万円以上を稼いでいる人も少なくありません。
強め先によって収入はさまざまです。
●将来性
これからもコンピュータでの作業が一般的になってくるため、印刷物をコンピュータで制作するDTPの役割は増えてきます。
高度な技術を知っておくとさまざまな商品をつくることができるので大きく役に立つことができます。
●身につくスキル
編集能力はもちろんのこと、データの修正やコンピュータの扱い方など身につくスキルはたくさんあります。

クライアントの希望通りに印刷物を作成し、編集していくことになるのでコミュニケーション能力も次第に身についてきます。コミュニケーションを積極的にとっていかなければ想像通りの商品をつくることはできません。
編集・DTPにおいてコミュニケーションはとても大切です。