DTP補助

DTP補助の仕事内容や収入

派遣やアルバイト業務の編集作業としてよくみられる“DTP補助”はどのような仕事になるのか説明します。
DTP補助として働きたい、気になっている方はぜひチェックしてください。
●仕事内容
DTP補助の仕事は主に印刷会社や出版社でのDTP作業の補助をすることになります。
制作データのコピーや印刷、校了データの管理、校正紙の準備・調整、画像チェックなどDTPオペレーターの仕事を助けていく役割を担っています。DTP作業の雑用係と言っても良いです。
雑用といっても基本的なDTP作業を把握しておかなければ勤まることはできません。
●平均収入
平均収入はおよそ250万〜300万円です。DTPオペレーターよりも低くなっており、正社員としてではなくアルバイトや派遣として勤めている人が多い傾向がみられます。
アルバイトでは時給1,500円〜1,800円と設定しているところが多いです。
まったくの未経験者であればまずはアルバイトから始めてみるのもひとつの方法です。
●将来性
DTP補助として働けば、DTP作業に関するすべてのことを把握し、学ぶことができるのでいずれはDTPオペレーターやDTP組版オペレーターとして働くことができます。
それも自分次第の働きに関係してくるので地道な作業をコツコツとこなしていくことが大事です。
●身につくスキル
編集作業やパソコンの扱い方、DTPのやり方など幅広い分野のスキルを身につけることができます。
どのようにすれば美しい文字を構成することができるのか自分で考え、判断する力も身につけることができるのでスキルアップが期待できるのです。

DTPデザイン能力もさまざまな仕事を経験することによりついてきます。