DTPオペレーター

DTPオペレーターの仕事内容や収入

“DTPオペレーター”という職種を聞いたことは少ないですが、出版業界では注目されている職種となっています。
インターネットが普及されたことにより、コンピュータで作業をすることが増えてきました。
●仕事内容
DTPオペレーターの仕事は主に、版下制作作業をコンピュータで行うことになります。
版下制作作業とはたくさんある文字版の中からほしい文字を探し、打つという作業で出版物をつくっていきますが、今はほとんどのその作業をコンピュータで行っています。DTPオペレーターはコンピュータの操作で出版物を制作します。
●平均収入
年収が約270万〜350万円と出版社の中では比較的低い傾向がありますが、DTPオペレーターとしての腕が買われればもっと収入はあがります。
構成通りに制作するのが大事な仕事であり、出版物の仕上がりに需要な作業です。
●将来性
出版物はたくさんあるのでDTPオペレーターの需要は少なくなりません。しかし、スキルをあげておくと将来性はだいぶ変わってきます。
DTPオペレーターとしての能力だけでなく、ウェブデザインなどのデザイン性についても知識や情報をもっておいた方が長く活躍することができます。
●身につくスキル
クライアントが思い描いていた通りに構成していくことができる力や柔軟性は自然と身につきます。
世の中はどんどん変わっていっているので柔軟性をもっておいた方がさまざまな仕事をこなすことができ、経験値をあげることができるのは間違いありません。
DTPオペレーターとしてスキルをあげていきたいのであればひとつの仕事だけでなく、幅広い仕事をこなしていくことをオススメします。
デザイン関連のスキルも身につきます。