編集アシスタント

編集アシスタントの仕事内容や収入

まったくの未経験者が出版業界で働き始めるのであれば、“編集アシスタント”から始めるのがほとんどです。
編集アシスタントとはどのような仕事になるのか詳しく解説します。
出版業界への転職を考えている方は必見です。
●仕事内容
出版社によって多少違いはありますが、その名の通り、編集者のアシスタント的な役割を担うのが編集アシスタントです。
必要な資料を集めたり、コピーやFAXの送信、電話対応、郵便配り、撮影・取材の同行など雑用のような仕事が多いのも事実ですが、編集アシスタントとして働くと編集作業を近くでみることができるので編集の世界をより身近に感じることができます。
編集アシスタントから始まり、編集者にる人も多いです。
●平均収入
アルバイトの募集も多い編集アシスタントの平均収入はおよそ250万〜350万円となっています。
クリエイター系の職種の中でも低い収入となっていますが、地道にアシスタントとしての仕事をこなしていけば編集者になることもできます。
●将来性
編集についてまったくの未経験者でいずれは編集業界で活躍したいと考えているのであれば編集アシスタントとして働いておいた方がオススメ。編集者としての仕事を間近で見て、流れを把握することができるので次に繋げるためには大切なお仕事です。
アルバイトとして雇っている出版社は多いのでチェックしてみてください。
●身につくスキル
企画から雑誌・本をつくるまでの流れ、プレゼン、打ち合わせなど編集に関わる仕事を知ることができます。
アシスタントをこなすことで編集に関係するスキルを身につけることができるのです。アシスタントで経験を培っていってください。