編集記者

編集記者の仕事内容や収入

新聞社や出版・印刷会社等で働くことになる“編集記者”はどのような仕事なのかみていきましょう。
仕事内容から平均収入、将来性、身につくスキルについて詳しくチェックしてください。
●仕事内容
例えば、インタビューを行い、雑誌や本に記載する文章を考え、きちんと最後まで仕上げるようにするのが編集記者の仕事です。
普通の記者はインタビュー・イベント会場にいき必要な情報をゲットするために質問をすることになりますが、“編集”記者はもってかえってきた情報をもとに文章を考え、紙面に載せるまでの作業を担っているのです。
記者と編集の仕事、両方を兼ねそろえた職業と言えます。
●平均収入
どのような会社に勤めるのかによって収入は変わってきますが、編集記者の年収はおよそ500万〜700万円とさまざまです。
編集長クラスになれば1,000万円以上も夢ではありません。
記者は下積み時代が長ければ長いほど大きく出世することができ、場数を多く踏んでおくとさまざまな場所で役立てることができます。
●将来性
編集記者の将来性はその人の腕次第です。
アルバイトとして働くこともでき、求人をみてみると編集記者としての募集は結構あります。
経験者であればそれなりの収入を得ることができますし、人脈を広げ、さまざまな分野での編集記者をしておくと心強いです。
●身につくスキル
自分が完璧だと思う記事でも客観的にみてみるとまったく魅力的ではない文章になっていることもあります。

どのようにすれば素敵な記事に仕上げることができるのか、まとめることができるのか、上手に読み手に伝えることができるのか、主観的にならず、客観的にみるスキルが備わります。
編集だけでなく、文章能力も身につくスキルです。