編集テクニカルライター

編集テクニカルライターの仕事内容や収入

“編集テクニカルライター”という出版業界における職種について詳しく知る人は少ない傾向が強いですが、編集テクニカルライターも大切な役割をもっています。
どのような仕事内容なのか、平均収入、将来性、身につくスキルなどそれぞれ細かく説明します。
●仕事内容
編集テクニカルライターの仕事は、主に電化製品の説明書を作成します。
誰もが読んでも分かりやすい基本的な文章をつくり、家電製品の扱い方を詳しく、分かりやすく説明していかなければなりません。
マニュアルが用意されていますのでマニュアル通りに文章をつくっていけば仕事をこなすことができます。ライターとして未経験の方でもすることができるお仕事です。
●平均収入
正社員として働いている人の平均収入はおよそ380万〜600万円といったところです。
企業に勤めている人もいれば、フリーランスとして働いている人もいます。フリーランスで働くのであればある程度実力と人脈をもっておかなければなりません。
収入は仕事の大きさと量で決まることになります。
●将来性
次々と新しい家電製品が発売されているので編集テクニカルライターとしてのお仕事もあります。
取り扱い説明書だけでなく、カタログや点検マニュアル等の文章もお仕事のひとつとなるので家電製品に関わるものはすべてこなすことになります。
●身につくスキル
家電製品の説明をするために理解力や分かりやすい説明書を書くための文の構成力も必要になるお仕事です。
さまざまな仕事をこなすことで編集能力も高めることができ、編集プロダクションに転職する方も少なくありません。

最初は会社に勤めることになりますが、実力がついてくればフリーランスとして働くこともできます。