編集ライター

編集ライターの仕事内容や収入

編集とライター、2つの実力をもったうえで活躍している“編集ライター”。
どのような仕事になるのか、平均収入、将来性、身につくスキルなどをみていきながら説明します。
編集ライターについて気になっている方はぜひチェックしてください。
●仕事内容
編集ライターのお仕事は、雑誌やカタログに掲載する文章をもっと良いものにするために編集します。
業務委託としてライターさんに依頼していた文章に追加する文章をつくることもあり、どのようにすれば読者に分かりやすく伝えられるかどうか考えなければなりません。
編集作業とライターとしての作業が組み合わさっているお仕事といえます。
●平均収入
編集ライターの収入はおよそ250万〜300万円となっていますが、敏腕の編集ライターであれば500万ほど稼いでいる人もいます。
最初はまだまだ作業に慣れないと思うので時間をかけてしまいます。
しかし、編集ライターの仕事をこなしていくことで効率的に作業を進めることができます。どんどん1日でこなすことができる仕事量が増えてくるとその分収入もあがります。
●将来性
転職をする前に将来性について気になっている方もいますが、編集ライターの将来性はあります。
自分の実力次第にもよります。地道にひとつひとつの仕事に向き合い、こなしていけば仕事の量も増えてくるので編集ライターとしての力をつけることができます。
経験や実力があれば大手出版社への転職も夢ではありません。
●身につくスキル

編集業はもちろんのこと、ライターとして文章の構成力も身につけることができます。
読み手のことを考えてどのような内容であれば読んでもらえるのかどうか、工夫できるようになるのも身につくスキルのひとつです。