印刷関連補助

印刷関連補助の仕事内容や収入

印刷関連補助の仕事とはどのようになっているのか詳しく調べてみました。
出版業界で働きたいと思っている方は知っておいて損はない職種です。ぜひ参考にしてください。
●仕事内容
主に印刷会社の中で補助的作業を行うことになる印刷関連補助の仕事は幅広いです。
印刷機器の操作や印刷後の仕上がり、チェック、積み作業、色調整、印刷機器のメンテナンスなど印刷に関する雑用的な作業が多いです。
地道に印刷関連補助業務を続けると印刷の流れや編集作業についても知ることができます。
●平均収入
印刷関連補助の平均収入は300万〜500万円ほどです。
あまり高くはありませんが、その人の業務様子や仕事のこなし方によって収入があがる可能性も十分にありえます。
最初はアルバイトとして働き、その後出版社や印刷会社で働く人も少なくありません。
アルバイトとしての給料は、時給1,200円〜1,500円が平均的です。
●将来性
アルバイトの募集が多い印刷関連補助は、忙しい時期になると求人数は格段に多くなります。
需要は少なくなっていませんし、印刷関連補助の求人はあるので将来性は期待できます。そこから印刷会社に就職することも可能です。
●身につくスキル
印刷関連の仕事はもちろんのこと、どのように印刷されているのか流れをつかむことができます。

どのようにすればスムーズに作業をすることができるのか自分で流れを把握し、効率的に作業を行うスキルが身につきます。
地道に仕事を続けていけば、印刷業として本格的に仕事を任せられることもあるのでさらにスキルアップが期待できるので次に繋がることは間違いありません。
人脈を広げ、出版業界に足を踏み入れる可能性もあります。