編集

編集の仕事内容や収入

本や雑誌の制作に携わる仕事がしたいと思っている人であれば、必ず「編集」の仕事が気になるはずです。
編集の仕事はどのようになっているのか、また平均収入や将来性、身につくスキルなど細かく説明します。
編集業が気になっている方はぜひチェックしてください。
●仕事内容
編集の仕事は主に、本をつくるための企画から始まり、印刷して完成まですべてを担います。
雑誌でもさまざまなジャンルの雑誌があり、漫画や小説、新聞、単行本など出版社の中でもいろんな部署があるのです。出版会社に入るとどれかの部署に所属することになり、そこで編集の作業につきます。
本をつくるまでのスケジュール管理はもちろんのこと、企画から作家の状況までやることはたくさんあります。
●平均収入
気になる編集の平均収入は約400万〜500万円となっています。
編集長になれば年収は700万円とあがります。アルバイトからはじめ、そのまま就職をする人も多く、どれだけ編集の仕事をこなしてきたのかによって転職先の収入が決まる傾向がみられます。
●将来性
出版不況により、編集者の仕事は減ってきていると思われがちですが、編集の仕事はたくさんあるので決して不況ということではありません。
インターネット上の編集作業が増えてきており、さまざまな分野での活躍が期待できます。
●身につくスキル
編集が担う仕事はたくさんあり、担当する部署によって身につくスキルも変わってきます。
例えば、ファッション系雑誌であれば常に流行を追っておかなければなりませんし、漫画編集であれば漫画家とのスケジュールを練り、プロットの仕組みも知っておかなければなりません。

企画から本が制作されるまでの効率的な流れを把握することができます。