出力(製版・セッターなど)オペレーター

出力(製版・セッターなど)オペレーターの仕事内容や収入

出版業界における“出力オペレーター”とはどのような仕事なのか調べてみました。
いつか出版社で働きたいと思っている方は参考としてぜひ知っておいてください。仕事内容だけでなく、平均年収、将来性、身につくスキルについても説明します。
●仕事内容
出力(製版・セッター)オペレーターの仕事は、クライアントから送られてきたデータの出力、製版のチェック、色調補正などさまざまです。
出力に関係するすべての業務を担うことになると思っておいてください。
クライアントの希望通りに出力、印刷し、実際に読み手のもとに届けられるかどうか細かく確認しておかなければなりません。
●平均収入
平均収入は400万円程度となっています。
働く職場によって違いはありますが、出力オペレーターとしてデザインを手がける人も多く、デザインから色彩感覚、パソコンの扱い方などさまざまなスキルが必要になります。
幅広い仕事をこなすことで収入アップも期待できます。
●将来性
人脈や実力によって将来性は左右されることになります。
出力オペレーターを専門的に行う人は少なくなってきていますが、需要はまだある方なのでいかに自分のスキルをあげることができるかどうかで変わってくるのが事実です。
常にスキルアップを目指していってください。
●身につくスキル
出力オペレーターとして身につくスキルは色彩感覚だけでなく、デザイン能力やDTPのやり方、パソコンの扱い方などさまざまです。

こなす仕事の量が多ければ多いほどさまざまな経験をすることができますし、その分スキルを身につけることができます。
ある程度実力がついてくればフリーランスに転向する人も多いです。