校正・校閲(プロ校正)

校正・校閲(プロ校正)の仕事内容や収入

出版物にとっては非常に重要な仕事である“校正・校閲”のお仕事について説明します。
校正・校閲はアルバイトやフリーランスとしても募集が多いですが、専門的に行っているプロの校正についてみていきましょう。
●仕事内容
校正の仕事は、印刷所にお願いした印刷物と実際の原稿に違いがないかどうか確認する仕事です。
一方、校閲の仕事は、出版する本や雑誌に間違った文字が使われていないかどうか確認する仕事となっています。
校正と校閲では最終確認することでは同じですが、確認する内容が違うということを知っておいてください。プロ校正は本格的に違いを細かくチェックします。
●平均収入
プロ校正の給料は1ページが400字であれば、およそ1,000円の単価となります。
アルバイトによる単価は1,000円ですが、より専門的に文章内容に関係する裏づけ調査などが入れば単価は3,000円とアップします。
プロ校正は本格的に調べを行うことになるので単価もそれなりにあがるのです。
●将来性
出版物がなくならない限り、校正の仕事も豊富にあります。
編集者自身で校正まで行うこともありますが、業務委託としてフリーランスの校正プロに頼むところが増えてきました。
●身につくスキル
初心者でも校正・校閲の仕事をすることもできますが、プロ校正は徹底的に確認をすることが仕事です。
最初は慣れない作業となりますが、絶対に誤っている部分を見逃してはいけないので校正の「目」をもつためのスキルを身につけることができます。「目」をもつことができれば校正・校閲にかける時間も短縮できますし、より出版物として安心できるものを世に販売することができます。