スキャナーオペレーター

スキャナーオペレーターの仕事内容や収入

雑誌や本、カタログなどに記載されるのは文字ばかりではありません。読み手に分かりやすく伝えるように画像や絵を挿入すうこともあります。
画像に関わる仕事のひとつである“スキャナーオペレーター”とはどのような仕事内容なのか詳しく説明します。
●仕事内容
雑誌・本に挿入する画像をスキャナに取り込み、分解、色調補正、チェックなどを主に行っていくことになります。
いかにわかりやすい画像や図を構成していくのかはスキャナーオペレーターの力量にかかっているのです。色彩感覚が必要不可欠です。
高度な技術は仕事をこなすたびに身につくものですが、事前にもっておくと就職に有利です。
●平均収入
職場によって多少差はありますが、基本的にスキャナーオペレーターの年収は300万〜500万円です。
デザイン関連はどうしても実力社会になるのでその人の腕によって収入も左右されることになります。
●将来性
出版社は地方や都市圏でもさまざまな会社が存在しており、中小企業から大手出版社と契約を交わしている印刷会社もあります。
主にスキャナーオペレーターは印刷会社で働くため、印刷会社が扱っている機器によって将来性は左右されることになります。大手出版社と契約を交わしているところほど収入はありますし、仕事もあるのでスキャナーオペレーターとして生活することはできます。
実力重視の業界は将来性は正直、自分次第となるところが大きいです。
●身につくスキル
画像の色調補正や分解能力、デザイン能力を培うことができます。
スキャナーオペレーターとしての実力が伴えば、活躍の場も広くなってくるのでいろんな仕事をこなすことができます。スキルアップも期待できるのです。