アートディレクター

アートディレクターの仕事内容や収入

よく、“アートディレクター”とはどのような職種になるのか尋ねる人がいます。
アートディレクターにの仕事内容や平均収入、将来性、身につくスキルなど詳しく調べてみました。気になっている方はぜひチェックしてください。
●仕事内容
美術・芸術表現を活用しながら総合的に演出を手がける仕事が“アートディレクター”のお仕事です。
多くのアートディレクターがグラフィックデザインを行っていますが、ほかにも広告や宣伝などさまざまな商業活動で活躍しています。活躍の場は非常に幅広いです。
イベントや美術展・作品展といったものも手がけています。
●平均収入
アートディレクターの平均収入は450万〜600万円となっており、売れっ子であればあるほど800万円以上と高収入です。
最初は小さな仕事でも徐々に大きな仕事をこなしていき、アートディレクターとして業界で注目されるようになればさまざまなイベントに引っ張りだこになります。
●将来性
将来性について考える人がいますが、アートディレクターのような芸術業界はその人の実力によって左右されることになります。
どんどん若手のアートディレクターが出てくるため、ほかの人にはもっていない発想力と創造力、色彩感覚、芸術的センスが必要です。
実力や経験から仕事の量や質も違ってきます。
●身につくスキル
活躍の場が広ければ広いほどさまざまな場で経験を積んでいくことができます。
広告、イベント、作品展、宣伝、仕事をこなしていくほどセンスは磨かれていくものです。

常にアンテナを張り巡らせておくことでインスピレーションから生まれるアートもあります。身につくスキルは仕事によって培われます。