受かる志望動機の書き方

受かる履歴書は志望動機がポイント

就・転職で一番に乗り越えなければならない大きなステップは履歴書の書き方です。
履歴書の中でも志望動機は特に大事です。
思いをこめて、自分の言葉で表現しましょう。

 

志望動機は受ける会社にとって、自分がどういうふうに、どのようなことに役立てるのかポイントを置いて書きます。
どのような点に興味を抱き、自分が持ち合わせているスキルがどのように御社に役立てるのかということを明確にします。

 

熱意を入れて書いたつもりが不採用になることがあります。
それは、その会社が求める人材ニーズと志望動機とがミスマッチしているからです。

 

志望動機がその会社が求める人材ニーズに一致していることが肝心です。
志望動機が会社の目標と一致していれば、履歴書の書き方が少し不備でも採用される可能性があります。。

 

会社が指針としていることを把握するには会社のHPを隅から隅まで読むことです。
会社のHPは会社が求めているものなど、事業内容が良くわかり、好まれる志望動機に書き上げるためのヒントがたくさん隠されています。

 

未経験者として異業種への応募は、熱意や前向きな姿勢をアピールすることで、採用されやすい傾向にあり、履歴書の志望動機の書き方がキーポイントです。

 

たとえば、前職では精神・実務面において鍛え上げられたことがメリットになり、これから望む異業種での新たなことを積極的に取り組む意欲的な書き方をすると効果があります。

 

接客・サービス業においては、人とのコミュニケーションを通して接客スキルをアップしていこうと思いますと、やはり意欲的な書き方が好まれます。
エンジニアなど技術系の職業への履歴書の書き方は、もしも、採用された場合、先輩からスキルを学ばせていただきスキルアップを目指したいと思いますと前向きな志望動機をアピールします。