ポートフォリオの作り方

自分を売り込むポートフォリオ制作の注意点

クリエイト業界でいうポートフォリオは作品集のことで、クリエイト業界の就職面接では、自分を売り込むために必要なものです
一般的にいうポートフォリオは金融個人資産の構成を表し、株式、不動産、個人資産を分散することで、目減りなどのリスクを軽減することができます。

 

WEBデザイナーの方はポートフォリオサイトを制作して、個性を打ち出しています。
ポートフォリオの作成は、自分のスキルやセンスを最大限に伝えることができるチャンスでもあり武器でもあります。

 

転職を成功させるキーポイントになるので、印象に残るオリジナリティー溢れる作品集を載せましょう。
デザイナー、コピーライターの場合、作品集とともに記入する項目は、クライアント名・代理店名・担当業務・掲載されたメディア・スタッフ構成・作品制作年月日・コンセプトなどです。

 

Webクリエーターの場合、URLと使用ソフトや言語を加えて記入します。
ポートフォーリオの作り方の流れとして、ポートフォリオに載せる作品を選んで全体の構成を考え、作品の見せ所でスクリーンショットをとります。

 

イラストレーター、ワード、パワーポイントなどを使ってレイアウトしていき、就職面接を受けた後の作品は何度でも作成しなおします。
デザイン事務所やweb製作所によっては、数多くの作品を載せるところがありますが、就職面接では時間に限りがあるので、力作、自信作に絞って数点のみ載せるようにしましょう。

 

Web制作は人気の職種で応募者が殺到し面接時間に限りがありますので、制作会社によってはベスト3作品のみの掲載を指定しているところがあります。

 

良い作品を作るのに普段からクオリティーの高いサイトを見て、デザイン性など身につけておきます。