転職活動でよくある失敗

転職活動に失敗しないために知っておくべきこと

転職活動で良く失敗するのは事前準備が、しっかりできていないことが原因です。
中でも、何故、転職したいのかという目的が良くわからず、転職活動に踏み切った場合です。

 

そのような状態で転職先が見つかって、自分に合う転職先なのかどうかも見極められず、もし就職して、上手く行かなかった場合、自分が悪かったことは棚に上げ、上手くことが運ばなかったことを回りの人のせいにします。

 

たとえば、上司とウマが合わなかった、部下がいうとおりに動いてくれなかったなどです。
転職するには何つきものです。

 

理想を追い求め現実から逃避してしまう場合、自分に合わない転職先を見つけてしまうことがあり、就職した後で、理想と現実とのギャップにガッカリすることがあります。

 

職種でいうと、一見よさそうに思える、広報、マーケティング、企画、コンサルタントなどです。
実際はデスクワークが多く、会議での意見調節の繰り返しや取引先を訪問し顧客の顔色をうかがったりする地味な仕事です。

 

一見華やかそうに見えるデザインの世界もそうですが、表面だけを見て、応募してくる人が多いですが、仕事の大変さに止めていく人も多いそうです。

 

また、未経験の仕事に応募する場合も注意が必要です。
企業が求める人材は即戦力です。

 

今までに積み上げてきたスキルをどう活かすかがキーポイントです。
心機一転チャレンジ精神旺盛なのはいいですが、企業にとっても自身にとっても経験を活かした仕事選びがベストです。

 

転職したい理由は人様々ですが、ただ単に職場の人間関係が嫌だからといった、止める理由や自分がやりたい仕事の目的がはっきりしない場合は、安易に今の職場を止めてしまうと、転職先が見つからないことがあり、後悔する場合があるので、注意する必要があります。