将来像を描く

人に語れる将来像を持つ

将来像を描くと、人生目標に向かって最短で突き進むことができます。
ビジネスにおいては、投資した資金が、何らかの形で役立ち、付加価値を見出せなかった場合、投資したお金は無駄になってしまいます

 

ビジネスでは、企業間の競争に勝つために、あるいは会社の発展のために将来像を描くことが特に大事です。
会社の業績も良く大きく発展した企業は、過去に将来像がきちんと描かれ、目標に向かって発展してきた会社です。

 

就職面接のときには、面接官から、何故、当社に?という質問と、もう一つは、将来像を描いているか?という質問をされることがあります。
その場合志望理由を発展させたような言葉を盛り込み、将来像を述べます。

 

たとえば、英語のスキルをアップして業務をスムーズにこなしたい、という志望理由から、スペシャリストを目指し、後輩を指導したいという将来像を述べます。

 

将来像について述べるときは、スキルアップして、○○の仕事に生かしたいので、そのため、今現在スキルアップのための勉強会やセミナーに参加しているというふうに、スキルアップ+どのような仕事に生かせるのか+スキルアップのためにしていることを述べます。

 

ただ述べるだけでなく、スキルアップのために今、行なっていることをはっきり伝えます。
人材派遣会社の中には、模擬面接を実施しているところがあります。

 

そのようなところでは、求人募集企業先独自の質問事項を教えてもらえる場合があり、面接での好印象な振る舞い、話し方など気がつかなかった悪いしぐさを指摘されることがあり、就職面接に成功するのにベストな人材派遣会社です。
就職の面接では、良く質問されるので、自己分析を行なって、自分が何をしたいのかを明確に知っておくようにしましょう。