Webプログラマー

Webプログラマーの仕事内容や収入

Webプログラマーとはどのようなお仕事なのか詳しく説明します。
転職を考えている方は実際に働く前にぜひチェックしてください。
●仕事内容について
Webプログラマーのお仕事といえば、Webシステムの開発です。
経験が豊富なプログラマーであるほどひとつのサイトを一から作成する業務を担うことになります。
システムエンジニアの業務やWebの設計、ショッピングカートのシステムなどなどすべての作業をするので1年以上かかる仕事もあるのです。
最初は簡単な作業から始まります。プログラマーはデザイナーとの連携も大事なお仕事です。
●平均収入
数年働けば500万円も可能であることから基本的な平均年収は300万〜600万円と言われています。
最初はまだまだ経験がないので年収は低くなりますが、徐々に力をつけていくことにより、次第にひとつひとつの仕事に対する単価が上がります。
実力次第では大きな企業からクライアントがくれば平均年収は上がるので心配することはありません。
●将来性
将来性がなければ転職しても仕事がないと意味がありません。
Webプログラマーの将来性は非常に高いです。実際にWebプログラミングができる人が少なくなってきているので供給が追いついていない状態です。
システムエンジニアとしての作業もこなせるWebプログラマーであれば仕事がどんどん入ってくるものと思って良いです。
●身につくスキル

Webプログラマーとして働きはじめると、プログラムを作成するためのhtmlやcssの基礎知識はかかせません。
プログラミング技術に関してどんどん力をつけていくことになります。
いかにクライアントの要望に合わせたプログラミングが的確にできるかどうかで決まってくるので、プログラミング技術が豊富に身につきます。