Webコーダー

Webコーダーの仕事内容や収入

ホームページ・サイトをつくるためにはさまざまなクリエイターが関わることになります。
その中のひとつが「Webコーダー」と呼ばれるクリエイティブ系職種です。
Webデザインが苦手な人がWebコーダーとして働く傾向がありますが、どのような仕事内容となっているのか説明します。
●Webコーダーの仕事
Webデザイナーのアシスタント的な役割を担うのがWebコーダーです。
デザイナーが考えたWebを最終的段階としてhtmlに組みあげたり、文字を入れるコンテンツを作成することもあります。
デザイナーよりも簡単な作業となっているのでデザインをすることはありませんし、デザイナーの手助けをすることが主な仕事となっています。
デザインが苦手な方やWebデザイナーとして働きたいなと考えている方でも勉強になります。
●平均収入
Webコーダーの平均年収は300万円〜350万円と言われています。
アルバイトとして行っている学生も多く、Webデザイナーとしての能力はなくともWebコーダーとして未経験者は働くことができます。
html、コーディング作業ができるのであればWebコーダーとして働くのも良いです。
●将来性
Webコーダーとしての仕事はWebデザイナーになるための基礎知識です。
将来、Webデザイナーとして働きたいと考えている方であればコーダーとして働いておいた方がいざというときに非常に役立ちます。
インターネットが当たり前になってきた時代、Webデザイナーの需要が増えつつあるなか、Webコーダーの将来性も高くなっています。

●身につくスキル
Webデザインについての基礎知識を身につけることができ、コーディング、マークアップ、グラフィック系ソフトウェア、デザイン、カラーとさまざまなことを学べます。
いかに基礎知識を身につけるかによって実力や収入も変わってくるのでWebコーダーとして力を身につけた後、デザイナーとして活躍する人も多いです。