Webデザイナー

Webデザイナーの仕事内容や収入

Webデザイナーという言葉をよく耳にするように、クリエイターの転職でも選ぶ人が多い職業です。
Webデザイナーとはどのようなお仕事なのか、将来性があるのかなどさまざまな視点から解説します。Webデザイナーについて気になっている方は要チェックです。

 

●Webデザイナーの仕事
主にWeb上にあるホームページやサイトのデザインをすることが仕事内容となっています。
Webディレクターから渡された企画書やサイトの説明書を参考に、クライアントが希望するサイトを作り上げていきます。
ロゴマークや写真、記事をどこに設置するのかを考えるレイアウト設計、色やどのような写真をいれるのか全体的なサイトの構図を決めるビジュアル設定の2つをWebデザイナーが担当することになります。
感受性や想像力、発想力が必要であり、どのようなサイトを仕上げるかによってセンスも問われることになる職業です。
特にビジュアル設定においてはWebデザイナーとしての力がみられます。
●平均収入
クリエイターとして働くことになるWebデザイナーの平均年収はおよそ360万円です。
まだまだ数年しか経過していないWebデザイナーは経験も浅く、力もないのでもっと低くなる可能性がありますが、どんどん実力をつけていけばますます仕事のオファーがきて稼ぐことができます。
稼ぐことができるかどうかはその人の力にかかっているのです。
●将来性
インターネットが一般的に普及されたことにより、今はネットで検索すればすぐに分かる時代です。
Webデザイナーとしての将来性はあります。
インターネットを利用する人が多いほど、企業やお店はホームページをつくりますし、より多くの人に見てもらえるようにWebデザイナーに依頼をします。
●身につくスキル
Webデザイナーとして働くにあたり、身につくスキルとしてはデザインに欠かせない「センス」です。

センスは生まれ持ったものもありますが、いろんなWebのデザインをすることにより、クライアントが望んでいるデザインをすぐ頭の中に浮かぶことができます。
センスは磨くこともできるのです。