Webプロジェクトマネージャー

Webプロジェクトマネージャーの仕事内容や収入

クリエイティブ系職種のひとつに、Webプロジェクトマネージャーと呼ばれる職業があります。
Webプロジェクトマネージャーの仕事内容・平均年収・将来性・身につくスキルについてみていきます。
●仕事内容
プロジェクト全体の責任者としての役割を担うのがWebプロジェクトマネージャーです。
プロジェクトの企画や提案、メンバーの選出、予算や追加予算の確認、品質管理と全体的な仕事への決定権を持っており、全体を把握することが大事な役目でもあるのです。
Web制作に関する知識は必要となりますが、もちろんお金の流れも把握しておかなければならないのでマーケティング知識も必要となります。
各部署との連絡からメンバー1人1人の仕事の対応など様子も常にチェックしておかなければなりません。
●平均収入
プロジェクトマネージャーの平均年収は20代で約500万円、30代で650万円、40代で700万円、50代で800万円となっています。
クリエイティブ系の中でも圧倒的に年収は高いです。
全体的な平均年収は660万円となっているので、プロジェクトを管理する能力があればあるほど収入も上がります。
●将来性
プロジェクトマネージャーになるためには段階を踏んでいかなければなりません。
SE→プロジェクトリーダー→プロジェクトマネージャーとスキルアップをしていく方が多いです。
将来性はもちろんあります。Web制作が積極的になっている今の世の中、能力のあるプロジェクトマネージャーを育てるためにマネジメント経験を行っている企業はたくさんあります。
●身につくスキル

プロジェクトマネージャーになるとWeb制作の全体的な流れが把握できるようになります。
お金がどのようなところに1番かかるのか、この仕事に的確な人材はどれか、スムーズにいくためにどうすれば良いのかマネジメント経験を積み重ねていきます。
Web制作の技術はもちろんのこと、マーケティング知識・マネジメント知識が身についてくるのは間違いありません。