Webページ制作

Webページ制作の仕事内容や収入

求人情報にも募集されることが多くなったWebページ制作のお仕事について説明します。
仕事内容、平均収入、将来性、身につくスキルなど誰もが知りたい内容について要チェックです。転職を考えている方はぜひ参考にしてください。
●仕事内容
Webページ制作といってもさまざまな仕事があります。
ページのデザインやどこに記事やリンク、画像を置くのかというレイアウト、原稿の入力、見出し作成などです。
基本的にページの制作を行うのがWebページ制作となっています。クライアントの要望によってどのようなページにするのかいち早く掴んでいかなければなりません。
会社によっては記事のリライト作業を行うこともあります。
●平均収入
平均年収は約350万〜500万円ほどです。
その人のスキルや経験値によって年収は変わりますが、まったく経験のない初心者の場合、平均年収よりも低くなる可能性があります。
地道に仕事をこなしていけば徐々に年収は上がるのでその人の態度や仕事の仕上がり次第です。
●将来性
Webページ制作として働いている人は20代後半や30代のような方が多いように、年齢が高くなっていくと不安になる人が多いのです。
しかしこれはWebページ制作に関わることではありません。どの仕事でも不安な点があります。
Webページ制作の将来性は自分のスキルやその仕事に対するやりがいに関係してきます。インターネットは発展しつつあるので将来性はあります。
●身につくスキル

Webページ制作で身につくスキルといえば、Webデザインやレイアウト技術、どうすれば読み手に分かりやすくなるのかページ制作についての知識、技術が身につきます。
経験する仕事も小さいものから大きいものに変わってくるとよりさまざまな経験ができるはずです。