Web制作

Web制作の仕事内容や収入

クリエイターの中でも最近仕事の量が増えてきているのがWeb制作です。
Web制作に関わる企業も続々進出しており、インターネットが発展してきていることがみて分かります。
●仕事内容
Web制作の仕事内容は主に、ウェブ上のホームページや広告の制作から宣伝までおこなっていくお仕事となります。
Web制作に関わる人たちはチームに分かれており、それぞれの役割をこなしていきながらひとつのウェブサイトをつくっていくことになるのです。それぞれの自分の仕事をきちんとこなしていかなければなりません。
もちろん、ウェブサイト制作に関係するシステムやソフトウェア、技術を把握しておかなければなりませんし、コミュニケーションも大事になってきます。
最初は手間取るかもしれませんが、仕事をこなすことで徐々に慣れてくるので安心してください。
●平均収入
Web制作の平均収入はどのくらいかというと、ポジションによって多少違いがでてきます。
基本的に平均収入は約300万円〜500万円です。
チーム全体を任せられるポジションであればあるほど収入は高くなっていくものと考えられています。
●将来性
インターネットが一般的になっていることから、Web制作のお仕事は将来性が十分にありえる仕事です。
最初はチームでそれぞれ仕事をこなすことになりますが、ある程度慣れてくれば1人ですべて行うことができます。
●身につくスキル
さまざまなクライアントからくるWeb制作の仕事をこなすことにより、ウェブに関わる技術や作業のスキルがアップします。

Web制作全体の知識や情報、デザイン、チームメイトに対する気遣い、スムーズに作業を進めるためのコミュニケーション能力も身につきます。
実際にWeb制作で働いている話によると技術はもちろんスキルアップできるが、仕事状況によって同じチームでどのように仕事を割り振っていくのか、話し合っていくのかコミュニケーションスキルが身についたと実感している人が多いです。