ゲームプランナー

ゲームプランナーの仕事内容や収入

どのようなゲームをつくるのか構成を練っていく仕事が「ゲームプランナー」と認識されています。
仕事内容や平均収入、将来性、身につくスキルなどさまざまな視点からゲームプランナーについてみていきます。転職を考えている方は要チェックです。
●仕事内容
主に、ゲームの企画・企画書や仕様書の作成、ゲームのデバッグ作業などを行っていきます。
ゲームプランナーの基本的な仕事は企画書の作成となりますが、最初はどのようなゲームにするのかというコンセプトからステージ構成、対象となる年齢層などゲーム企画書でもいろいろな視点からみて練っていかなければなりません。
会社によってはプログラマーの人手が不足しており、プランナーとしてある程度の月日が経過していればデバッグ作業も担うことが多いです。
●平均収入
ゲームプランナーの平均収入は約300万〜450万円とゲーム業界の中では少し低い位置にあります。
しかし、自分が企画したゲームの売り上げがよくなると収入もアップし、ヒットしたゲームを制作したとして個人の収入も大幅に上げることができます。
●将来性
ゲームプランナーとして働きたい人が増えてきており、ゲーム開発について学ぶことができる専門学校もあちこちに存在しています。
日本のゲームも世界の目も注目していることからどのようなゲームが生まれるのか、企画するゲームプランナーの需要も上がってきているのです。将来性は十分にあります。
●身につくスキル
ゲーム制作についての基礎知識はもちろんのこと、デザインやグラフィック、制作に関わるスキルはほとんど身につきます。
何よりもゲームプランナーは発想力やアイデアが欠かせません。
常に感性を豊かにもっておかなければならないので感受性が豊かになります。