ゲーム制作

ゲーム制作の仕事内容や収入

ゲーム好きの人であれば仕事にしたい、ゲーム業界の職業。
ゲームそのものをつくることになるゲーム制作について細かく調べてみました。ゲーム制作に興味がある人、転職を考えている人はチェックしてみてください。
●仕事内容
ゲーム制作に携わる仕事はさまざまな種類があります。
企画やストーリー構成、サウンド、グラフィック、プログラム、デザイナーなどさまざまな職種の人たちがひとつのチームとなり、ひとつのゲームを制作していくことになります。
ゲーム制作にもいろんな種類があり、どのような職種に携わるかどうかで仕事内容も変わります。
ゲームがどのようなプログラムを使用しつくられているのか、基本的なゲーム制作の流れについて把握しておく必要があります。
●平均収入
ゲーム業界の収入は低いと言われていますが、実際の収入はどのくらいになっているのか気になるところです。
ゲーム制作の平均収入は400万〜600万円ほどです。
意外と高い収入であることが分かります。勤続年数が6年以上の方が対象となっている平均収入なので若手の平均収入は400万円未満が多いです。
●将来性
年々、たくさんのゲームが発売されています。日本人はゲーム好きの人が多く、気軽に遊ぶことができるゲームからオンラインゲームまで幅広いです。
ゲーム業界の競争率が上がってきているのでゲーム制作の将来性はあると言えます。
世界と争っていけるように、日本のゲーム業界もより質の高いゲーム制作を心がけています。
●身につくスキル

自然とゲーム制作の流れについて身につき、制作に関わるプログラミングや企画、デザイン、グラフィックなどさまざまなスキルを手に入れることができます。
あなたがどの職種につくのかによってスキルは変わってくるのでゲーム制作の中でも働きたい職種を選んでください。