モバイルゲーム制作

モバイルゲーム制作の仕事内容や収入

気軽に携帯電話やスマートフォンで遊ぶことができるゲームを制作しているのが、モバイルゲーム制作です。
モバイルゲームは今日本でも発展している分野であり、さまざまなゲームが誕生しています。
どのような仕事内容となるのか詳しく調べてみました。
●仕事内容
主にモバイル関連のゲームの企画・制作・管理・運営を行うことになります。
モバイルゲームはさまざまな内容のゲームが出ているように、斬新的な興味を惹かれるようなゲームを企画し、プログラムを開発、そしてそのまま制作に入ります。
市場調査も必要ですが、制作に関係する知識や技術をもっていなければモバイルゲーム制作をすることはできません。
●平均収入
モバイルゲーム制作の平均収入について気になっている人は多いですが、平均は約300万〜900万円と幅広いです。
なぜこのように幅広いのかというと、ゲーム開発にかかわる人は平均年収600万円以上、プログラマーは500万円以上と細かい職種によって変わる傾向があるからなのです。
モバイルゲーム制作でもどのような仕事に専念するのかによって収入が変わるということを知っておいてください。
●将来性
ほとんどの人がスマートフォンを持っているように、気軽に通勤・通学時間にすることができるゲームが続々とアプリで登場しています。
どのようなゲームを望んでいるのか、より多くの人を楽しませるように無料から有料でできるモバイルゲームをいろんな会社が企画しているのです。
●身につくスキル
モバイルゲーム制作で身につくスキルはどのようなプログラミングでゲームを構成していくのか、エフェクトからステージ展開などさまざまです。

技術やスキルだけではなく、チーム全体でのコミュニケーション能力も次第に身につけることができます。