CGアニメーター

CGアニメーターの仕事内容や収入

アメリカの有名なアニメ会社でも注目しているCGアニメを制作するのがCGアニメーターです。
CGアニメーターの仕事内容、平均収入、将来性、身につくスキルについて説明します。
●仕事内容
チームで作ることになるCGアニメは1人1人の作業がとても大切なもとなっていきます。
CGアニメーターの主な仕事は、パソコンを利用して3Dの立体物を動かしていくことになり、動きから表情まで息を吹き込むことになります。
3Dの立体物を動かすための技術や操作を知っておかなければ勤まりません。
●平均収入
20代のCGアニメーターの平均収入は300万〜400万円となっていますが、人によっては600万円以上稼いでいる人もいます。
アニメ制作会社に勤めることから始まり、CGアニメーターとして独立する人など状況によってさまざまです。
●将来性
今放送されているアニメでも2Dから3Dに変更するなど、CGアニメが続々と出てきています。
注目されている表現方法となっているのでこれからもっとCGアニメーターが活躍する現場が出てくると考えられます。
●身につくスキル
CGアニメーターとして働き始めたころは時間内でなかなか仕上げることができませんが、慣れてくると時間配分をすることができます。時間内でいかにCGアニメーションを作成するかどうか効率的に制作することができるスキルを身につくことができるのです。
また、企画から制作までの流れを掴み、チーム内での作業分担・コミュニケーション能力も身につけられます。
基礎的な映像制作ソフトの操作、資格を取得すればどんどんCGアニメーターのスキルアップを目指すことができるので役立ててください。