映像・音声制作

映像・音声制作の仕事内容や収入

イベントやプロモーション等で使用される映像・音声を制作する仕事は主にどのような内容となっているのかチェックしましょう。
映像・音声制作の仕事内容から平均収入、将来性、身につくスキルについて調べてみました。
●仕事内容
4K映像・フルHD映像撮影、ショールームやイベント用、ヘリコプターやセスナを利用しての撮影、スチル写真、ピンマイク・ガンマイクの音声、講演会音声の収録など映像・音声制作の仕事はさまざまです。
撮影、録音のほかにも撮影したもの、録音したものの編集作業も大事な仕事内容になります。
●平均収入
映像・音声制作の平均収入は約350万〜400万円ほどです。
高収入とは言えませんが、テレビ局や映画制作会社ででも最初は映像・音声制作からディレクター、プロデューサーとランクアップする人もいます。ランクアップすると収入も増えます。
●将来性
アニメーションや映画業界は日本でもどんどん世界に発信していっています。特に、アニメーションに関しては日本を代表する文化となっており、将来性はあります。
将来性について考えるのであればアニメーション業界を目指すのも良いです。
●身につくスキル
映像・音声制作として働くにあたり身につくスキルは、さまざまな撮影・録音方法を知ることができるということにあります。
新しい撮影・録音方法の情報を得るだけではなく、実際に方法を実践することで技術も身につけることができます。最新鋭の方法を試すこともあり、知識や技術を身につけることができます。
さまざまな方法を実践していくことにより、どのような方法であれば撮影・録音したいものをスムーズにすることができるのか自分なりの方法も見つけていくことができる可能性もあります。