カメラマン(映像)

カメラマン(映像)の仕事内容や収入

映像を撮影するために欠かせないカメラマンの仕事について説明します。
カメラマンの仕事内容から平均年収、将来性、身につくスキルはどのようなものになっているのか調べてみました。カメラマンに興味をもっている方はチェックしてください。
●仕事内容
映像を撮影していく仕事がカメラマンです。比較的大きなカメラの機材からハンドカメラまでさまざまな機材を使用することになります。
撮影方法はもちろんのこと、風景や動物を撮影するときはブレないようにしなければなりませんし、ロケで動く場合は揺れにも気をつけておかなければなりません。
また、水中撮影や緊迫感のある報道現場などでも活躍しているカメラマンはたくさんいます。
どのような現場で働くかによって撮影方法も異なるのがカメラマンです。
●平均収入
映像カメラマンの平均収入はおよそ400万〜900万円となっています。
TV局で働いているカメラマンは400万〜となっており、フリーの映像カメラマンであればもっと年収は高いです。しかし、フリーで働くとなるとそれなりの実績と経験が必要です。
●将来性
重たい機材を使うことになるため、体力勝負の部分があり、60歳まで続く仕事かどうかは分からないと感じている人が多いです。
将来性について考えるのであれば映像カメラマンから編集作業に移る人も少なくありません。
カメラマンで得た技術を活かせるかどうかにかかってきます。
●身につくスキル
映像カメラマンとして身につくスキルは機材の使い方はもちろんのこと、撮影したいものをより分かりやすく撮影するように光の加減や構図などを考える技術も必要です。

視聴者に分かりやすい映像を伝えるように工夫していかなければなりません。