リニア・ノンリニア編集

リニア・ノンリニア編集の仕事内容や収入

あまり聞いたことがないかもしれない、リニア・ノンリニア編集とはどのような仕事なのか調べてみました。
リニア・ノンリニア編集について気になっている方は要チェックです。
●仕事内容
従来使用してきたテープやHDDを編集することになるのがリニア・ノンリニア編集の仕事です。
詳しく分けるとリニア編集はテープから新しいテープへ映像をコピーする作業となり、ノンリニア編集はコピーするだけでなく、テープに録画されている映像に追加や削除、修正などが自由にできる作業となっています。
リニア・ノンリニア編集の仕事は主に映像制作会社やTV局で行われています。
●平均収入
映像を編集することになるリニア・ノンリニア編集の平均年収はおよそ300万〜400万円です。
あまり高くはありませんが、編集作業がスムーズに行うことができ、出来上がりの質が良ければどんどん仕事をこなすことができ、収入もアップします。
スキルアップできれば収入も上がる見込みはあるのです。
●将来性
転職をする際に気になるのが、その仕事に将来性があるかどうか。リニア・ノンリニア編集の将来性も気になるところです。
正直、労働時間が長く、残業も多い点から人の移動が激しい職業でもあります。
しかし、編集作業によって作品の仕上がりが大きく左右されることになる大事なことなのでやりがいはあることから将来性は自分次第となります。
●身につくスキル
どの部分をカットするのか、追加した方が良いのか、素晴らしい作品をつくるための判断ができるようになってきます。この判断はとても大事です。

また、編集することのできる技術も身につけることができます。
編集次第で作品のイメージが大きく変わってきます。責任感が自然と備わってくるお仕事です。