カメラマン(写真)

カメラマン(写真)の仕事内容や収入

さまざまな被写体を撮影するカメラマン(写真)はどのような仕事があるのか気になるところです。
趣味として始めたカメラからプロのカメラマンになる人も少なくありません。カメラマンという職業について気になっている方はぜひチェックしてください。
●仕事内容
事件現場や広告用、人物、雑誌などカメラマンの仕事内容はさまざまな種類があります。
どのような写真を撮影するのかによって技術やスキルは変わりますし、被写体を限定してカメラマンとして働いている人もいます。
自分がどのような写真を撮りたいのか、得意とするのかによって内容は変わってくると思っておいてください。
●平均収入
まだまだカメラマンとして出発したばかりの人は会社に勤め、カメラマンとして活動したり、有名な写真家に弟子入りしたりとさまざまです。
最初は収入が100万円未満と不安定になりますが、会社に属しているカメラマンは300万円〜が平均収入となっています。
有名な写真家になればなるほどひとつの仕事の単価が高くなるので高収入が期待できるのです。
●将来性
どのようなものを撮影するのかによって将来性も変わってきます。1番安定性が高いと言われているのは広告写真や雑誌に掲げる写真など商業写真と呼ばれるものです。商業写真は安定していますが、報道写真やフリーのカメラマンは自分の腕次第となるので将来性は低いです。
●身につくスキル
カメラの操作や光の加減、構図などさまざまなスキルを身につけることができます。
いろいろな現場を踏んでおくとその場で学ぶことができた技術を身につけ、次に活かすこともできるので経験は豊富な方が得です。
報道現場となると一瞬のうちに写真で収め、その写真からどのような気持ちを伝えられるのか考えることもできます。