エディトリアルデザイナー

エディトリアルデザイナーの仕事内容や収入

聞きなれない言葉ですが、エディトリアルデザイナーと呼ばれるデザインの職業について説明します。
仕事内容から収入、将来性、身につくスキルまでさまざまな視点からみていきます。エディトリアルデザイナーについて気になっている方は要チェックです。
●仕事内容
エディトリアルデザイナーの主な仕事は、雑誌や書籍、カタログなどの本のデザインを行います。
本のデザインといえば装飾を考えるブックデザイナーが有名ですが、エディデザイナーはブックデザイナーよりも本の内容について考え、その内容に沿ったデザインを機械的に行っていきます。この作業がブックデザイナーとエディトリアルデザイナーの違いになるので必ず知っておいてください。
●平均収入
平均年収はおよそ400万〜500万円となっています。
一般的なサラリーマンよりも収入は少し高いですが、まだデザイナーとして駆け出しの時は収入は少ないのが事実です。
クライアントの信用を得て、どんどん仕事を獲得することができれば収入もそれなりに増えていきます。
●将来性
実際にエディトリアルデザイナーとして働いている方の感想を聞くと収入は低いがやりがいがあって面白いという方が多いです。
将来性は自分次第と言えます。やりがいを見つけデザインする喜びをかみしめることができれば、自分のスキルもあがり、将来性も出てきます。
●身につくスキル
デザイン能力、レイアウト、ムック本やCDジャケットの制作などなどさまざまな仕事を経験することにより、デザイン力が向上します。
どのように広告が制作されているのか、流れを掴むことができますし、クライアントの要望に応えることができるデザインを効率的に仕上げていくスキルを身につけることができます。