グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーの仕事内容や収入

グラフィックデザイナーと響きはものすごくかっこ良いものですが、実際にどのような仕事内容となっているのか詳しく知らない人も多いです。
デザイナー関連の仕事に進みたいと思っている方はぜひ知っておいてください。
●仕事内容
デザイン会社、またはフリーで働くことになるグラフィックデザイナーは主にポスターやチラシ、パンフレットといった広告から個人名刺までさまざまなデザインを手がけることになる仕事となっています。
クライアントの希望に沿ったデザインを発案し、提示していかなければならない発想力とコミュニケーション能力が欠かせません。
●平均収入
グラフィックデザイナーの平均収入は所属している会社にもよりますが、およそ500万〜1,000万円となっています。
中小企業であれば500万円となりますが、大手企業に属しているグラフィックデザイナーで売れっ子であれば1,000万円以上稼いでいる方もいます。
自分の実力によって収入は変わるのです。
●将来性
自分がデザインした広告が大きく掲げられていると本当に嬉しいものです。
将来性について考えると人並み程度に稼ぐことができるのはそれなりの努力が必要になります。デザインについて勉強し、自分の力でクライアントの信用性を得られるように実行していかなければなりません。
●身につくスキル
デザイナーとして発想力や想像力も必要になりますがグラフィックデザイナーは大事なクライアントの意向もすぐさま把握できる対応力ももちあわせなければなりません。
デザイン力だけでなく、PCでデザインを制作するための技術も身につけなければならないため、パソコン操作も自然と身につきます。