漫画家

漫画家の仕事内容や収入

漫画家といってもさまざまな雑誌で活躍したり、インターネット上の漫画や少年誌・少女誌・青年誌、アダルト系などさまざまなジャンルがあります。
いろいろなジャンルの漫画が販売されているように、漫画家でもさまざまなのです。
●仕事内容
基本的に漫画家の仕事内容は、依頼主(雑誌編集者など)から依頼を受けて漫画原稿を仕上げ、締切日までに提出することとなっています。
どのような話にするのかというストーリー構成やキャラ・世界観の設定、セリフまで考えなければなりません。
漫画家は画力はもちろんのこと、どれだけ面白いストーリーを描けるのか発想力や想像力も大事な能力となってくるのです。
●平均収入
漫画家の平均収入は280万円となっていますが、漫画が大ヒットすればするほど収入も格段にアップするのが漫画家です。
例えば、海外でも有名で人気作品となっている漫画の作者は年収が10億円以上とも言われています。
自分が描いた漫画が売れるか売れないかで大きく収入が変わってくるということです。
●将来性
売れるか売れないかで収入が変わる漫画家の将来性は、やはりその人の能力やどれだけ多くの人々を熱中させる漫画を描くことができるかにかかっています。
実際に日本にいる漫画家は2,000人以上存在しており、漫画家の卵も次々と出てきています。
将来性はありますが、どれだけ自分の作品を売り込むことができるのか、良き編集者と出会えるかどうかがカギとなってきます。
●身につくスキル
漫画家として身につくスキルは、漫画をみて分かるように次第に画力がアップしていくことです。

また、構成力も身につけることができます。
アシスタントとして有名漫画家のもとで働き、ある程度実力をつけた上で独立して漫画家になる人も多いです。