プログラマー

プログラマーの仕事内容や収入

音楽のプログラマーといえば、サウンドプログラマーです。
最近の音楽業界は電子音楽が普及したこともあり、プログラマーの仕事が増えてきています。
どのような仕事となるのか詳しくチェックしてみましょう。
●仕事内容
サウンドプログラマーの主な仕事は、音楽を必要としているところへさまざまなデジタルサウンドを作成します。そして、作成されたデジタルサウンドをコンピュータに入れていきます。
コンピュータが一般的に普及されたことで、ほとんどの音楽はコンピュータ上で制作されています。
アニメやゲームに使われる効果音、登場人物の声などコンピュータで作成し、調整していくのです。
●平均収入
プログラマーの平均収入は、およそ350万〜500万円といったところです。
プログラマーとしての腕が業界に広まればたくさんの仕事が舞い込んでくるので収入はアップします。すべて自分の腕次第ということです。
しかし、浮き沈みが激しい職業でもあるので収入は安定しません。
●将来性
プログラマーになるために専門学校に通うことになりますが、最初はアルバイトとしてお手伝いから始め、人脈をつくっていく人もいます。
実力はもちろんのこと、人脈も非常に大事な業界となっているのでいかに多くの人とコネを持っておくのかが重要な将来性に繋がることになります。
●身につくスキル
音楽の知識や創作力はさまざまな音楽を制作することで身につくスキルですが、プログラマーはコンピューターの技術も必要です。

コンピューターに作成した音楽を打ち込むことも基本的な作業になります。
どのようにすれば素敵な曲に仕上がることができるのか、クライアントの要望通りの音になるのかコンピューターの技術で操作していくことになります。