レコーディング・エンジニア

レコーディング・エンジニアの仕事内容や収入

音楽業界におけるレコーディング・エンジニアの役割は音声の録音です。
ただ音声を録音するだけでなく、クライアントの望み通りに録音し、イメージを形にしていく作業が重要になってきます。
●仕事内容
レコーディング・エンジニアの主な仕事は、さまざまな機器を使いながら音声を録音します。
アーティストの曲だったり、ゲーム音楽に使うオーケストラの録音、楽器の録音など仕事内容はさまざまです。
マイクロフォン、マイクプリアンプやエフェクタ、ミキシングコンソール、モニタースピーカー等、録音には欠かせない道具を上手に活用していくのもレコーディング・エンジニアの仕事となります。
●平均収入
誰もが気になる平均収入は年収およそ240万〜320万円となっています。月給にすると20万円前後といったところです。
企業に属して働くことになりますが、大手企業であればあるほどボーナスも大きいですし、その中でも売れっ子のレコーディング・エンジニアであれば大きな仕事が舞い込みます。
仕事の大きさによって収入は変わるお仕事です。
●将来性
CM音楽やゲーム音楽、アニメ・映画・ドラマなど音楽が使用される場所はさまざまです。
レコーディング・エンジニアとして働く将来性はあると言えます。しかし、それも下積み経験があるからこそ、大きい仕事をこなすことができ、次の仕事へと繋げることができます。
ずっとレコーディング・エンジニアで生活するのであれば下積み時代は重要です。
●身につくスキル
録音に使用される専用機器の操作を上手に行っていくことができますし、また、録音技術だけでなく、作曲家や奏者とのコミュニケーション能力も身につきます。

コミュニケーション能力は重要なポイントでもあります。