作詞家

作詞家の仕事内容や収入

音楽業界において曲のイメージからさまざまな言葉を重ねていくことになる作詞を専門的に行っているのが“作詞家”と呼ばれる職業です。
作詞家の仕事内容から平均収入、将来性、身につくスキルなど説明します。
将来作詞家になりたい方は必見です。
●仕事内容
この世に発売される音楽・曲のメロディーに合わせて言葉を繋いでいく仕事が作詞家の主な仕事になります。
曲をつくった作曲家がどのような思いで曲をつくったのか、どのような雰囲気にしたいのかによってつなげる言葉も変わってくることになり、さまざまな言葉を知っておかなければなりません。
言葉をつなぎあわせ、ひとつの曲にしていく重要なお仕事です。
●平均収入
作詞家の平均年収は約300万〜700万円と言われています。
ほとんどの収入は印税から入ってくるものであり、CDが売れれば売れるほど作詞家の年収もアップします。
大ヒット曲となれば年収が2,000万になるときもありますし、あまり売れなかった場合は200万円未満と収入は安定していません。
●将来性
昭和時代は作詞家はたくさん存在していたのですが、平成に入りどんどん少なくなってきました。
作詞家として働くためには言葉のセンスだけではなく、音楽センスも必要になってきます。よって、作詞家として食べていけるのは難しいのが事実です。
アーティストが作詞も担うことが多くなり、仕事数は少なくなってきたように感じますが、逆に専属の作詞家として働いている人も多いです。
●身につくスキル

さまざまな音楽の作詞を手がけることにより、音楽の解釈や楽曲の理解を身につけることができます。
作曲家の気持ちも汲んで言葉をつむいでいくセンスを磨くことも可能です。