作曲家

作曲家の仕事内容や収入

曲を生み出し、アーティストに提供する作曲家。
作曲家はアーティストが歌う曲だけでなく、ドラマやCM、映画、アニメ、ゲームなどさまざまな作品の曲をつくっています。
どのようなお仕事なのか、平均収入、将来性、身につくスキルなどチェックしていきましょう。
●仕事内容
作曲家の主なお仕事はクライアントの希望通りの曲をつくること。
クライアントもアーティストや映画音楽、CM、クラシック、合唱団、ブラスバンド、校歌など活躍する場はたくさんあります。
作曲家はフリーランスで活動している人とプロダクションに所属している人の2つがあります。最初はプロダクションに所属し、依頼された仕事をこなしていくことになりますが、ある程度活躍していくとフリーランスに転向する人が多いです。
●平均収入
手がけた作品がヒットすればその分、CDやサウンドトラックも売れるので収入は大きくなります。
プロダクションに所属している作曲家であればどれだけヒットしても月給となりますが、フリーランスで働いているのであれば売り上げによって左右されます。
平均収入は数十万〜数千万円と非常に幅広いのも特徴です。
●将来性
音楽に関係している場であれば作曲家は必ず関わることになるので活躍の場は幅広いです。
さまざまな場で活躍できる作曲家は将来性は十分にありえます。フリーランスの作曲家はその実力次第で仕事の幅を広げることができるのは間違いありません。
●身につくスキル
創造性や発想力、音楽センスが問われる作曲家は音楽制作に関係する実務能力を身につけることができます。

ゲーム音楽、CM業界、映画音楽、アニメ、ドラマなどいろいろな現場を経験することで自分の音楽の幅も広げることができるのです。