パッケージ・プロダクトデザイナー

パッケージ・プロダクトデザイナーの仕事内容や収入

デパートやスーパーマーケット、商品売り場にいくとさまざまな箱・パッケージに包まれた商品が売られています。
ブランドものであればブランドロゴが記載されているパッケージ、最近では独特な、ユニークなパッケージが増えてきていますが、それらのデザインを考案するのがパッケージ・プロダクトデザイナーの役割となっています。
●仕事内容
パッケージ・プロダクトデザイナーのお仕事はパッケージデザインです。
活躍の場は大手菓子販売会社やデザイン制作会社、広告、ブランドメーカー、パチンコ・スロットなど幅広く、さまざまなデザインを手がけることができます。
つい手にとりたくなるようなパッケージデザインをつくり、対象者の年齢や性別によって細かくデザインを決めていくことになります。
●平均収入
クリエイティブ系職業の中でも高収入と言われているパッケージ・プロダクトデザイナーの平均収入はおよそ500万〜1,000万円です。
ほとんどの人が最初はデザイン会社やメーカーに勤め、実力や経験を培った後にフリーランスとして働き始める流れとなっています。
売れっ子であればあるほど収入は1,000万円を超えることもあり、パッケージ・プロダクトデザイナーとして活躍している人の収入は非常に高い傾向がみられます。
●将来性
さまざまな商品が発売されていることから、将来性は十分にありえる職業です。
最初は小さい仕事から担当されることになりますが、デザイナーとしての実力が認められると大きな商品のデザインを任せられることになるのでどんどん仕事は大きくなります。
●身につくスキル
創造力、発想力や美的感覚は次第に培われてくるものです。
また、同じチームやクライアントとのコミュニケーションも非常に大切になってくるのでどのように接していけば良いのか自然と身につきます。