広告コピーライター

広告コピーライターの仕事内容や収入

目指す人が多い、「広告コピーライター」の仕事とはどのようになっているのかみていきます。
広告コピーライターについて気になっている方はぜひチェックしてください。
●仕事内容
広告コピーライターの仕事は、簡単にいうとキャッチコピーを考えます。
どのようにすれば人々の目や記憶に留まるようなキャッチコピーを考えられるのかどうかでコピーライターの手腕がかかってきます。
しかし、キャッチコピーを考えるだけが広告コピーライターの仕事ではありません。
商品のカタログや新商品の販促計画なども練っていかなければなりません。そこからその商品にどのようなキャッチコピーをつけていけば良いのか見えてくるのです。
●平均収入
平均収入はおよそ500万〜600万円となっています。
クリエイティブ系の中では比較的高い収入となっていますが、勤める会社やフリーランスによって収入は変わってきます。
●将来性
制作会社や広告代理店などに専属として勤めているコピーライターが少なくなってきている分、外注としてフリーのコピーライターに依頼する会社が増えてきました。
広告コピーライターとしての仕事は増えているので将来性はあります。
売れっ子になればひとつのお仕事の単価が大きくなってくるので広告コピーライターとして生活できます。
●身につくスキル
コピーライターはインパクトのある言葉を見つけ、上手につむぎ合わせていかなければならないお仕事です。

さまざまな仕事をこなすことにより、発想力や創造力が培われ、この商品にはどのような言葉がふさわしいのか、どのような言葉であれば人々は惹きつけられるのか自然と判断することができるようになります。
クライアントとのコミュニケーション能力も次第に身につくスキルのひとつです。

関連ページ

広告進行管理